私は顔の頬のシミに悩んでいます。色が白い方なので目立つのがまた悩みの種です。

私がシミを気にし始めたのは大学生になってからです。

その頃、メイクをするようになり、自分の顔をまじまじと鏡で見ることが多くなってから、私ってこんなにシミがあったんだと気が付いてとてもショックでした。

思えば私は美容などには疎く、田舎でのびのびと生活してきたので日焼け止めをこまめに塗るという習慣もありませんでした。

今となってはその積み重ねが現在のシミ生み出してしまったのではないかと後悔しています。

高校の頃から日焼け止めを体育の時間には塗るようになりましたが、もっと早い時期からこまめに塗る習慣をつければよかったと後悔しています。

できてしまってからなくすのは大変ですが、現在は日焼け止めを毎日塗って、紫外線対策をしています。

また、食事もバランスの良い食事を心がけてサプリメントを飲んだり、睡眠もしっかりとるようにして健康な体作りから健康な肌作りも心がけています。

メイクでシミは目立たないようにして、これ以上増えないように対策を心がけています。

もし自分に子供が出来たら、私の経験から紫外線対策を早い段階からしてあげようと思います。

紫外線は大敵だっていうのに真逆なことしてます

今現在シミに悩んでいます。と同時に半分あきらめかけているのも事実です。

シミが出来始めたころというか、気になりだしたころにはもう遅すぎるくらいなのですが、私はずっと外での仕事をしてきました。

プライベートではUVケアや日傘などで対策出来ますが、さすがに仕事中は日傘はさせないし。

40代初めの頃でしょうか。目の横?こめかみ手前にあるシミが妙に気になりだし、考えたあげく皮膚科へ。

先生には「今まで手抜いてきたでしょ。こういうのは10代や20代のうちから日焼けしないようにしておかないといけなかったんだよ」と叱られました。

気になる箇所はレーザーで焼いてもらって、ついでに肝斑の飲み薬も処方されました。

そこから転々と外の仕事ばっかりしてまして。ポスティング、地図作り、今はレジャー施設の外作業です。

夏の時期は日焼け止めを塗ってもすぐに汗で流されてしまいます。休憩時以外、一日中外にいるので紫外線を浴びまくりです。

美白化粧品も使ってますが、仕事が終わったころには全部汗で洗い流されてほぼスッピンに近くなってる始末です。

それでも何もしないよりはやったほうがいいと、あきらめの境地の中、ピーリングや市販のシミ用の飲み薬などわずかな対策に励んでいるのですがいかがなものでしょう。

年齢も重なって老人性のシミも気になりだしてきました。よくよく見ると増えてきています。

今の仕事を続けている限り、シミは切っても切れない仲になりそうです。

シミでお悩みの方へこちらをクリック!

日焼けサロンの代償

私は14歳からから20歳になるまで週に2回くらいの頻度で日焼けサロンに通いつめ真っ黒に焼いていました。

その時は、海やプールに行くにも日焼け止めではなくサンオイルをたっぷりと塗っていました。

その時は楽しくて一生黒肌!一生黒ギャル!と思っていました。ですが、やはり若気の至りですね。

黒肌ギャルブームが去り日焼けサロンに行くのをやめ段々と白くなってきましたが25歳の今は、、顔は焼いていなかったのでシミが今のところ見つかりませんが、背中にシミがちらほらと現れてきました。

これからどんどん増えたり大きくなっていくんだろうと悲しいです。胸元にも小さなシミとホクロが増えました。

現在はビタミンCの錠剤や美白効果と謳われているサプリメントを飲んだり、美白効果のある化粧水を使用しています。

外出の際は日焼け止めをこまめに塗ったりしていますがシミは消えないなと思っています。

また、化粧水などは顔なので顔は白く身体は焼く前のような白さには戻りません。

身体用の美白化粧品でなにかいい物はないかと探す日々です。

おススメの美白化粧品はコレ!

今のところ、昔の日焼けの代償を改善出来ているという実感はなく、これからもっとひどくなればレーザー治療などが必要になってくるのではないかと思っています。